離婚のときの財産分与のルール『法律家が詳しく解説』

離婚の財産分与

離婚したい人
「財産分与ってどんな感じ?」

ネットで頼める法律屋のキャラクター

財産分与について
を知りたい

こんな疑問を解消します。

このページで分かること
  1. 財産分与とは?
  2. 財産分与の分け方は?
  3. 財産分与の対象となるものは?
  4. 養育費や慰謝料はどうなる?
ABOUT US
相生大成行政書士
日本行政書士会連合会所属-第21080673号 皆さんの悩みを解決できたら幸いです。

24時間受付中

30秒でわかる!離婚の財産分与のルール

財産分与の方法

財産分与のルール
財産分与って
夫婦の財産を分けること
どんなふうに財産をわけるの?
ぴったり半分ずつ分ける
計算が面倒なときは
ざっくり半分にする
借金も財産分与する
ケースバイケース

ちなみに…

養育費や慰謝料は
財産分与と別に請求できます

たとえば、夫の離婚が原因で離婚する場合。
夫に対して「財産分与」「養育費」「慰謝料」の3つを請求することができます。特に、養育費に関しては法律でかなり厳しく定義されているので、必ず支払わなければならないお金です。
財産分与で話し合いに折り合いがつかない場合は調停をしてみましょう。家庭裁判所に連絡すれば手続きすることができます。

離婚と財産分与は完全にセット!基本はぴったり半分!

あわせて読みたい記事

財産分与ができるもの
離婚協議書の作成

まとめ-財産分与のルール

離婚するとき必ずする

『財産分与のルール』

✅財産分与とは?
⇒離婚のとき
 夫婦の財産を分けること

✅どんなふうに分ける?
⇒ぴったり半分

✅計算がめんどいときは?
⇒ざっくり半分でOK
 (例:夫が家、妻は現金)

✅借金も分ける?
 ケースバイケース
 片方の責任の借金なら
 分ける必要なし

🔹ひとこと🔹
養育費や慰謝料はまた別に請求できる

離婚後で会っても財産分与などの請求は可能です。
内容証明郵便を活用してみましょう!

離婚協議書の作成
ネットで頼める法律家の注意点
LINE相談
行政書士の書類作成サービス

いつでもどこでも
法律家にメッセージ

友だち3000人突破

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA