【2022年最新版】親権とは?「法律変更にあわせて紹介します」

離婚の親権

離婚したい人
「親権ってどうなる?」

ネットで頼める法律屋のキャラクター

親権について
を知りたい

こんな疑問を解消します。

このページで分かること
  1. 親権とは?
  2. どんな権利のこと?
  3. 離婚したら父と母どちらがもつ?
  4. 何歳まで親権の効力がある?
ABOUT US
相生大成行政書士
日本行政書士会連合会所属-第21080673号 皆さんの悩みを解決できたら幸いです。

24時間受付中

30秒でわかる!最新版「親権とは?」

親権とは?

2022年最新版
未成年の子供の世話をする権利
子どもに対して権利
財産管理権
身上監護権
どちらが親権を持つか
妻が親権を持つ
親権が行使できる期間
18歳の子ども

ちなみに…

母親が親権を持つ確率は
裁判だと約99%

日本には「母性優位の原則」という考え方があります。親権者は母親がふさわしいというものです。ですから、裁判で親権争いをしたとしても高確率で母親が親権をもちます。たとえ、母親の不倫で離婚したとしてもです。
父親が親権者になるケースは3つあり「母親が子ども虐待したりしていた場合」「母親が精神的に不安定な場合」「子どもがどうしても父親と暮らしたい場合」です。それぞれ証拠を集める必要もあるので、実際のところ相当難しいという考え方がされています。

共同親権の導入が進められています。親権争いがなくなって、子どもが自由に両親に会える時代が来るかもしれません。

あわせて読みたい記事

離婚協議書の作成
不倫の慰謝料相場

まとめ-子どもを守る権利

親権について

【2022年最新版】親権とは?

✅親権とは?
⇒未成年の子どもの世話をする権利

✅どんなことできるの?
①財産管理権
・子どものお金の管理
・契約の同意
 とか

②身上監護権
・子どもを育てる権利
・子どもの住む場所を決める権利
 とか

🔹ひとこと🔹
2022年4月~
18歳から成年に

養育費について、
18歳から子どもは成人になるけど、
大学の学費とかは今までどおり支払う契約をする夫婦が多いです。
この辺はまだ裁判の事例が少ないため、ケースバイケースになります。

離婚協議書の作成
ネットで頼める法律家の注意点
LINE相談
行政書士の書類作成サービス

いつでもどこでも
法律家にメッセージ

友だち3000人突破