妊娠中に夫が浮気『女性が取るべき3つの行動』養育費は?金額は?

妊娠中に夫が浮気

妊娠している女性
「旦那が浮気してる…!」

ネットで頼める法律屋のキャラクター

妊娠中の旦那の浮気
対処方法を知りたい。

こんな疑問を解消します。

このページで分かること
  1. 妊娠中の浮気の対処法3選
  2. 養育費はどうなる?
  3. 養育費の金額は?
  4. 誰に請求ができる?
  5. 慰謝料は?
ABOUT US
相生大成行政書士
日本行政書士会連合会所属-第2108673号 皆さんの悩みを解決できたら幸いです。

30秒でわかる!妊娠中に夫が浮気『養育費はどうなる?』

忙しい人はサクッと動画で確認!

妊娠中に夫が浮気したとき、妻が取るべき3つの行動

わたしが妊娠中なのに、夫が不倫してる。

妊娠中の不倫は最低です。

しかし、実際このような相談は多いです。

どう対処すればいいのでしょうか?

今回は

妊娠中の不倫で
妻が取るべき3つの行動

を紹介します。

妊娠中に不倫された妻の行動

①不倫の証拠を集める

まずやるべきことは「不倫の証拠を集める」ことです。

証拠は不倫の事実が分かるものであれば、基本的にはなんでもOKです。

  • 不倫相手との写真
  • LINEのトーク履歴
  • 夫の謝罪の音声

など特に有効です。

もし、自分で証拠を集めるのが大変なら、探偵協会や探偵紹介で相見積もりをもらって、探偵に依頼するのがいいです。

探偵には「ぼったくり探偵」がいます。それを回避するためにも探偵協会・紹介を必ず経由して依頼しましょう。

探偵さがしのタントくん ※業界大手の探偵紹介。今なら無料診断&紹介手数料無料なのでリスクゼロで相談可能。

全日本優良探偵業協会 ※老舗の探偵協会。安心を重視したいならここ一択です。

不倫の証拠を集める

②不倫相手に慰謝料請求

不倫の証拠が集まったら、不倫相手に慰謝料の請求をしましょう。

慰謝料の請求は決して、特別なことではありません。

今後の再犯防止もかねて、必ず請求することをおススメします。

不倫相手に慰謝料の請求

③離婚するか決める

不倫されたら『一方的な離婚』が認められます。

今後の人生の重大な選択です。

離婚するか決める

妊娠中に離婚したら、養育費はどうなる?

妊娠中に離婚したら、子どもの養育費はどうなるのでしょうか?

養育費は?

元夫に養育費は請求可能

結論として、

元夫に
養育費は請求できます。

養育費は「子どもの父親」が支払うものです。

たとえ、再婚して新しいパパができたとしても、本当のパパは子どもが成人するまで養育費を支払わなければいけません。

元夫に養育費の請求ができる

子どもに罪はない

繰り返しますが、

妊娠中に不倫されて、それを理由に離婚したとしても、子どもの養育費は請求できます。

悪いのは元夫で子どもに罪はありません。

子どもの罪はない

ちなみに…

養育費はなにがあっても
支払わないといけないお金

養育費は原則『子どもの父親』に請求することができます。しかし、再婚して新しい夫と養子縁組を結んだ場合は、新しい夫に対して請求することが一般的です。
養育費は法律でも厳しく定義されており、『請求されたら必ず支払うもの』という性質があります。これは子どもの健全な育成のためです。
内容証明などを活用して養育費を請求してみましょう。

子どもの将来のためにも、妊娠中に浮気は絶対ダメだし、もし離婚するなら養育費は請求しておこう!

まとめ-妊娠中に夫が浮気

妻が取るべき行動

『妊娠中に夫が不倫』

✅妻が取るべき3つの行動
①不倫の証拠を集める
⇒LINEとか写真とか動画

②不倫相手に慰謝料請求
⇒妊娠中の不倫は高額になりやすい

③離婚するか決める

✅離婚したら養育費は?
・元夫に請求できる

🔹法律上の考え方🔹
生まれた子供に罪はない

慰謝料の請求は別途できる!

LINE相談
行政書士の書類作成サービス

いつでもどこでも
法律家にメッセージ

友だち3000人突破

あわせて読みたい記事

不倫の慰謝料相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA